| Share board | Subscription |

嘆きと叫びに耳を傾けてくださる神 View video

Summary
今日のみことばの要約

モーセは、エジプト人が同胞であるへブル人を打っているのを見て、そのエジプト人を打ち殺します。このことが知られると、モーセはミディアンの地に逃れ、そこでレウエルの娘ツィポラと結婚し、彼女は男の子を産みます。神は、重い労働にうめくイスラエルの子らの叫びを聞き、先祖との契約を思い起こされます。


出エジプト記 2:11 - 2:25
未熟な救いの試みと寄留者の生活
11 こうして日がたち、モーセがおとなになったとき、彼は同胞のところへ出て行き、その苦役を見た。そのとき、自分の同胞であるひとりのヘブル人を、あるエジプト人が打っているのを見た。
12 あたりを見回し、ほかにだれもいないのを見届けると、彼はそのエジプト人を打ち殺し、これを砂の中に隠した。
13 次の日、また外に出てみると、なんと、ふたりのヘブル人が争っているではないか。そこで彼は悪いほうに「なぜ自分の仲間を打つのか。」と言った。
14 するとその男は、「だれがあなたを私たちのつかさやさばきつかさにしたのか。あなたはエジプト人を殺したように、私も殺そうと言うのか。」と言った。そこでモーセは恐れて、きっとあのことが知れたのだと思った。
15 パロはこのことを聞いて、モーセを殺そうと捜し求めた。しかし、モーセはパロのところからのがれ、ミデヤンの地に住んだ。彼は井戸のかたわらにすわっていた。
16 ミデヤンの祭司に七人の娘がいた。彼女たちが父の羊の群れに水を飲ませるために来て、水を汲み、水ぶねに満たしていたとき、
17 羊飼いたちが来て、彼女たちを追い払った。すると、モーセは立ち上がり、彼女たちを救い、その羊の群れに水を飲ませた。
18 彼女たちが父レウエルのところに帰ったとき、父は言った。「どうしてきょうはこんなに早く帰って来たのか。」
19 彼女たちは答えた。「ひとりのエジプト人が私たちを羊飼いたちの手から救い出してくれました。そのうえその人は、私たちのために水まで汲み、羊の群れに飲ませてくれました。」
20 父は娘たちに言った。「その人はどこにいるのか。どうしてその人を置いて来てしまったのか。食事をあげるためにその人を呼んで来なさい。」
21 モーセは、思い切ってこの人といっしょに住むようにした。そこでその人は娘のチッポラをモーセに与えた。
22 彼女は男の子を産んだ。彼はその子をゲルショムと名づけた。「私は外国にいる寄留者だ。」と言ったからである。

契約を思い起こされる神
23 それから何年もたって、エジプトの王は死んだ。イスラエル人は労役にうめき、わめいた。彼らの労役の叫びは神に届いた。
24 神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。
25 神はイスラエル人をご覧になった。神はみこころを留められた。
Comment
未熟な救いの試みと寄留者の生活
(2:11〜22)

神は、私たちの失敗や挫折さえも、みこころをなす機会として用いられます。エジプトの王子として育ったモーセは、40歳になったとき(使 7:23)、「同胞」であるヘブル人の苦役を見ます。そして、エジプト人が自分の同胞を打っているのを見て、そのエジプト人を密かに殺します。まだ神をよく知らなかったモーセは、神の時に基づいて行動することができませんでした。結局、このことが明るみになってミディアンの地に逃げ、40年間隠れて過ごすことになります(使 7:29~30)。ツィポラとの間に生まれた子の名がゲルショム(異国にいる寄留者という意)であることから、彼の苦しい心情がうかがえます。モーセの挫折は、神の救済史の挫折ではありません。私たちには無意味に時間が過ぎていくように思えるときでも、神の時計は止まっていません。

モーセが40年間ミディアンの地で過ごした理由は何ですか。あなたが願う時と神の時が違うことを認識できないなら、どんなことが生じますか。


契約を思い起こされる神
(2:23〜25)

神は、ご自分が定められた時に、ご自分の方法で働かれます。出エジプト記1~2章に「神」という単語が全部で8回出てきますが、そのうちの4回が、2章23~25節の本文中に出てきます。ついに神の時が来たのです。神は以前にも、密かではあっても確かに働いておられました(1:20~21)。しかし、これからは、だれにでも分かる方法で力強く働かれます。神はイスラエルの嘆きを聞き、彼らの父祖と結んだ契約を思い起こされます。聖書で「思い起こす」(ヘブル語:ザカル)の主語が神である場合、多くの場合、救いの出来事が後に続きます(創 8:1;19:29など)。神が思い起こしてくださることが、救いのみわざの始まりなのです。

時が来ると、神は苦しめられているイスラエルの民に、どのように働かれましたか。思い起こしてくださるよう、神に求めることは何ですか。
pray
今日の祈り

神様よりも先に行こうとしていた私の感情と行動がいかに愚かであったか悟らされました。私の考えを神様のことばにしっかり結び付け、私の視線を神様だけに向けます。私の叫びを聞いて私への約束を思い起こしてくださる神様を信じ、神様の時と方法を待ちます。
essay
一節の黙想

出エジプト記 2:24~25 | 神は、イスラエルの民の嘆きを聞き、彼らとの契約を思い起こされます。その契約とは、数百年前にアブラハム、イサク、ヤコブと結ばれた契約です。私たちが契約を忘れても、神は決して忘れられません。救いは、契約に対する神の誠実さによるものです。礼拝は、神の救いを覚え、イエスの血潮によって結ばれた新しい契約の民として生きることを決断する時間です。聖書の名称が「旧約」と「新約」である理由が、ここにあります。
SWIM 후원하기
예금주 : 세계인터넷선교협의회
우리은행 : 1006-980-321700
하나은행 : 573-910004-21105
국민은행 : 387201-01-088376
정기후원 일시후원
본 메일은 SWIM 메일 수신에 동의하신 분에게만 발송되는 발신전용 메일입니다. 메일 수신을 원치 않으시면 www.swim.org에 접속, QTLife>QT신청하기>메일그만받기(바로가기)에서 직접 처리하시거나, swim@swim.org로수신 거부 메일 보내주시기 바랍니다.

Mailing service : SWIM | Tel : 02-796-3217 | Email : swim@swim.org | Update : Ryu Young Soon, Lee Won Suk
자료제공 : Duranno Press | Tel : 02-2078-3200 | Email : qtlife@duranno.com
All Rights Reserved (c)DURANNO | "일본어 생명의삶 텍스트 콘텐츠 저작권은 두란노서원에 있습니다."