| Share board | Subscription |

苦しみの中でも使命に立ち続ける View video

Summary
きょうのみことばの要約

エレミヤは、カルデア人のところへ落ちのびようとしていると誤解され、書記ヨナタンの家の牢屋に入れられます。ゼデキヤ王がエレミヤを召し寄せ、主からのことばがあったかとひそかに尋ねると、エレミヤは、王はバビロンの手に渡されると言います。王はエレミヤの願いを聞いて、彼を監視の庭に入れさせます。


エレミヤ書 37:11 - 37:21
真実を語るエレミヤ
11 カルデヤの軍勢がパロの軍勢の来るのを聞いてエルサレムから退却したとき、
12 エレミヤは、ベニヤミンの地に行き、民の間で割り当ての地を決めるためにエルサレムから出て行った。
13 彼がベニヤミンの門に来たとき、そこにハナヌヤの子シェレムヤの子のイルイヤと言う名の当直の者がいて、「あなたはカルデヤ人のところへ落ちのびるのか。」と言って、預言者エレミヤを捕えた。
14 エレミヤは、「違う。私はカルデヤ人のところに落ちのびるのではない。」と言ったが、イルイヤは聞かず、エレミヤを捕えて、首長たちのところに連れて行った。
15 首長たちはエレミヤに向かって激しく怒り、彼を打ちたたき、書記ヨナタンの家にある牢屋に入れた。そこを獄屋にしていたからである。
16 エレミヤは丸天井の地下牢に入れられ、長い間そこにいた。
17 ゼデキヤ王は人をやって彼を召し寄せた。王は自分の家でひそかに彼に尋ねて言った。「主から、みことばがあったか。」エレミヤは、「ありました。」と言った。そして「あなたはバビロンの王の手に渡されます。」と言った。
18 エレミヤはゼデキヤ王に言った。「あなたや、あなたの家来たちや、この民に、私が何の罪を犯したというので、私を獄屋に入れたのですか。
19 あなたがたに『バビロンの王は、あなたがたと、この国とを攻めに来ない。』と言って預言した、あなたがたの預言者たちは、どこにいますか。
20 今、王さま、どうぞ聞いてください。どうぞ、私の願いを御前にかなえて、私を書記ヨナタンの家へ帰らせないでください。そうすれば、私はあそこで死ぬことはないでしょう。」
21 そこでゼデキヤ王は命じて、エレミヤを監視の庭に入れさせ、町からすべてのパンが絶えるまで、パン屋街から、毎日パン一個を彼に与えさせた。こうして、エレミヤは監視の庭にとどまっていた。
Comment
真実を語るエレミヤ
(37:11〜21)

使命を与えられた者は、苦難の中でも使命の道を歩み続けます。バビロン軍が一時的にエルサレムから引き揚げたとき、エレミヤは先祖の割り当ての地を受け取るためにベニヤミンの地に向かいます。彼がベニヤミンの門に着くと、バビロンに降伏しに行くのだと誤解され、捕らえられます。エレミヤはそれは事実ではないと主張しますが、反国家的人物という烙印を押され、地下牢に入れられます。バビロン軍が再びエルサレムに攻めて来るという知らせを聞いたゼデキヤは、ひそかにエレミヤを地下牢から連れ出し、再び神のみこころを尋ねます。エレミヤは、ゼデキヤがバビロン王の手に渡されると言い、ユダの敗北を告げます。彼は王の前でも神のさばきのメッセージを恐れることなく伝えます。これこそ、人を恐れず、ただ神の前に忠実な者の姿です。

エレミヤは、どのような悔しい目にあいましたか。使命を果たす上で誤解されたり苦しみにあったりするとき、覚えておくべきことは何ですか。
pray
essay
Mailing service : SWIM | Tel : 02-796-3217 | Email : swim@swim.org | Update : Ryu Young Soon, Lee Won Suk
자료제공 : Duranno Press | Tel : 02-2078-3200 | Email : qtlife@duranno.com
All Rights Reserved (c)DURANNO | "일본어 생명의삶 텍스트 콘텐츠 저작권은 두란노서원에 있습니다."