| Share board | Subscription |

キリストの姿に似ていくことが神のみこころです View video

Summary
きょうのみことばの要約
御霊は、私たちがどう祈ったらよいか分からないとき、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださいます。神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となります。神は、あらかじめ定めた人たちをさらに召し、義と認めた人たちにはさらに栄光をお与えになります。


ローマ人への手紙 8:26 - 8:30
とりなしてくださる御霊
26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

すべてのことを益としてくださる神
28 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。
29 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。
30 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。
Comment
とりなしてくださる御霊
8:26〜27
私たちはひどい苦しみのあまり、どのように祈ったらよいのか分からないときがあります。霊的に目が曇っているため、祈りを聞かれる神の偉大さや、私たちに対する神の愛の深さと広さが分かりません。それで、神のみこころにそった祈りをささげることができないのです。しかし、それでも望みがあるのは、御霊が弱い私たちを助けてくださるからです。私たちはどう祈ったらよいか分かりませんが、御霊ご自身が「神のみこころにしたがって」とりなしてくださるので、神が働いてくださいます。御霊にしたがって祈るとき、神のみこころを知ることができます。私たちは、自分のうちに住まわれる御霊にしたがって神に祈る訓練をしていく必要があります。

どう祈ったらよいか分からないとき、とりなしてくださる方はだれですか。どうすれば御霊の導きにしたがって祈ることができるでしょうか。


すべてのことを益としてくださる神
8:28〜30

私たちの人生の目標は、イエス・キリストに似ていくことです。28節は、誤解しやすい聖書箇所の一つです。「益」(ギリシヤ語、アガトス)は、この世での「良いこと」を意味するのではなく、神のみこころにかなうこと、つまり、御子イエス・キリストと同じ姿になることです。このことは、神が世が造られる前にあらかじめ定められていました。神は、時が来て私たちを召し、キリストにあって義と認め、最終的には栄光を与えてくださるでしょう。私たちは、人生の中で経験する苦難も喜びも、すべて私たちをキリストに似させるための神の道具であることを忘れてはなりません。どんなときでも主の前にひざまずいて祈り、人生を主に委ねることが、人生で最善の選択なのです。

神がなしてくださる「益」は、究極的に何を意味しますか。神は、苦しみや喜びを通して、あなたの内面をどのように整えてくださいますか。
pray
きょうの祈り
どのように祈るべきか分からない私のために、とりなしてくださる聖霊がおられることに感謝します。私に与えられたすべての人と状況を益としてくださり、キリストのかたちと同じ姿に成長させてくださる主の御手を信じ、忍耐して祈りつつ待ち望みます。
essay
Mailing service : SWIM | Tel : 02-796-3217 | Email : swim@swim.org | Update : Ryu Young Soon, Lee Won Suk
자료제공 : Duranno Press | Tel : 02-2078-3200 | Email : qtlife@duranno.com
All Rights Reserved (c)DURANNO | "일본어 생명의삶 텍스트 콘텐츠 저작권은 두란노서원에 있습니다."