| Share board | Subscription | Print |

群衆を満足させるための不正な判決 View video

Summary
きょうのみことばの要約
ピラトに引き渡されたイエスは、何も答えません。ピラトは、人々の願う囚人ひとりを赦免する祭りのしきたりで、イエスを釈放しようとしますが、祭司長たちは群衆を扇動し、バラバを釈放してイエスを十字架につけるよう要求させます。ピラトは群衆のきげんをとろうと思い、そのとおりにします。


マルコによる福音書 15:1 - 15:15
ピラトに引き渡されたイエス
1 夜が明けるとすぐに、祭司長たちをはじめ、長老、律法学者たちと、全議会とは協議をこらしたすえ、イエスを縛って連れ出し、ピラトに引き渡した。
2 ピラトはイエスに尋ねた。「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」イエスは答えて言われた。「そのとおりです。」
3 そこで、祭司長たちはイエスをきびしく訴えた。
4 ピラトはもう一度イエスに尋ねて言った。「何も答えないのですか。見なさい。彼らはあんなにまであなたを訴えているのです。」
5 それでも、イエスは何もお答えにならなかった。それにはピラトも驚いた。

バラバとイエス
6 ところでピラトは、その祭りには、人々の願う囚人をひとりだけ赦免するのを例としていた。
7 たまたま、バラバという者がいて、暴動のとき人殺しをした暴徒たちといっしょに牢にはいっていた。
8 それで、群衆は進んで行って、いつものようにしてもらうことを、ピラトに要求し始めた。
9 そこでピラトは、彼らに答えて、「このユダヤ人の王を釈放してくれというのか。」と言った。
10 ピラトは、祭司長たちが、ねたみからイエスを引き渡したことに、気づいていたからである。
11 しかし、祭司長たちは群衆を扇動して、むしろバラバを釈放してもらいたいと言わせた。
12 そこで、ピラトはもう一度答えて、「ではいったい、あなたがたがユダヤ人の王と呼んでいるあの人を、私にどうせよというのか。」と言った。
13 すると彼らはまたも「十字架につけろ。」と叫んだ。
14 だが、ピラトは彼らに、「あの人がどんな悪いことをしたというのか。」と言った。しかし、彼らはますます激しく「十字架につけろ。」と叫んだ。
15 それで、ピラトは群衆のきげんをとろうと思い、バラバを釈放した。そして、イエスをむち打って後、十字架につけるようにと引き渡した。
Comment
ピラトに引き渡されたイエス
15:1〜5
ローマの植民地時代、ユダヤ人の死刑判決権はローマから派遣された指導者にありました。それで、宗教指導者たちはイエスをピラトに引き渡します(10:33)。イエスはピラトの前で、自分が「ユダヤ人の王」であることを認めます。しかし、それは、ユダヤ人の上に立つ政治的な王という意味ではなく、永遠の神の国の王という意味です。イエスは訴えられた罪状については沈黙し、ご自分がユダヤ人の王であることだけを認めます。ご自分を弁護することばは発しなかったのです。ルカの福音書によれば、訴えの内容は「国民を惑わし、カイザルに税金を納めることを禁じ、自分は王キリストだと言っていること」です(ルカ 23:2)。イエスは、人類の救いのために、沈黙によって耐え忍ばれました。

ピラトの尋問に対し、イエスは何に対して答え、何に対して沈黙されましたか。人々から非難されるとき、どんなときに沈黙すべきですか。


バラバとイエス
15:6〜15
ピラトは、群衆からのプレッシャーに屈した弱い裁判官でした。当時、過越の祭りにはひとりの者を釈放する慣習がありました。「バラバ」は「バル」(息子)と「アバ」(父)が結合したアラム語の名で、直訳すると「父の子」という意味です。群衆は神の御子であるイエスを捨て、殺人者であるバラバを選びます。ピラトは宗教指導者たちがイエスをねたんで殺そうとしていることを知っていました。しかし、群衆が「十字架につけろ!」と叫び始めると、騒ぎになることを恐れて「群衆のきげんをとろうと」イエスを引き渡します。イエスは、宗教指導者たちのねたみ、群衆の無知、ピラトの卑屈な判決によって十字架刑に処せられます。自分の安逸のための判決は、永遠の恥として残ります。

大祭司たちのそそのかしに乗った群衆の叫びに、ピラトはどんな判決を下しましたか。不当な要求があるとき、どんな決定基準に従いますか。
pray
きょうの祈り
自分を正当化して不正を行ったことはなかったか振り返ります。欲に惑わされたり、恐れたりして、正しく決定できない私の弱さをあわれんでください。どんなことでもみことばを基準にして知恵深く判断し、決定することができるよう助けてください。
essay
一節の黙想
マルコの福音書 15:11, 15 | ピラトは、イエスが無罪であることを知っていました。しかし、民の声に判断力を失い、自分の立場が揺らぐことを恐れてイエスを有罪にするほど、弱く悪い人間でした。私たちが何かを決断するとき、自分の立場を守ることができるか、あるいは群衆の支持を得ることができるかを考えるのではなく、真理を考えなければなりません。神の目に正しいかどうかということが、選択の基準にならなければなりません。 マシュー・ヘンリ /「マシュー・ヘンリ注解 17 マルコの福音書・ルカの福音書」