| Share board | Subscription |

預言を成就した謙遜な王の行進 View video

Summary
今日のみことばの要約
イエスは、エルサレムの近くのベテパゲまで来ると、二人の弟子にろばと子ろばを連れて来るように言われます。これは預言者のことばが成就するためです。弟子たちが自分たちの上着をろばの上にかけると、イエスはその上に座られ、群衆は自分たちの上着と木の枝を道に敷き、「ホサナ、ダビデの子に」と叫びます。


マタイによる福音書 21:1 - 21:11
エルサレムに入る準備
1 それから、彼らはエルサレムに近づき、オリーブ山のふもとのベテパゲまで来た。そのとき、イエスは、弟子をふたり使いに出して、
2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。そうするとすぐに、ろばがつながれていて、いっしょにろばの子がいるのに気がつくでしょう。それをほどいて、わたしのところに連れて来なさい。
3 もしだれかが何か言ったら、『主がお入用なのです。』と言いなさい。そうすれば、すぐに渡してくれます。」
4 これは、預言者を通して言われた事が成就するために起こったのである。
5 「シオンの娘に伝えなさい。『見よ。あなたの王が、あなたのところにお見えになる。柔和で、ろばの背に乗って、それも、荷物を運ぶろばの子に乗って。』」

歓呼する群衆
6 そこで、弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにした。
7 そして、ろばと、ろばの子とを連れて来て、自分たちの上着をその上に掛けた。イエスはそれに乗られた。
8 すると、群衆のうち大ぜいの者が、自分たちの上着を道に敷き、また、ほかの人々は、木の枝を切って来て、道に敷いた。
9 そして、群衆は、イエスの前を行く者も、あとに従う者も、こう言って叫んでいた。「ダビデの子にホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。ホサナ。いと高き所に。」
10 こうして、イエスがエルサレムにはいられると、都中がこぞって騒ぎ立ち、「この方は、どういう方なのか。」と言った。
11 群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレの、預言者イエスだ。」と言った。
Comment
エルサレムに入る準備
21:1〜5
イエスは、神の子であり万物の主なので、ご自分の必要に応じて万物を用いられます。イエスは二人の弟子に、向こうの村へ行くと、つながれているろばと子ろばがいるので、連れて来るよう命じられます。これは、エルサレムに救いが来るというイザヤの宣言(イザ 62:11)と、シオンに来られる王は柔和な方で、ろばに乗って来られるというゼカリヤの預言(ゼカ 9:9)が成就するためです。世の観点から見ると、王の王であるイエスには軍馬が似合いますが、イエスはろばに乗ってエルサレムに入られます。このような姿は、当時のユダヤ人たちが期待していたメシアの姿とは全く異なるものでした。しかしイエスは、苦難を受ける謙遜なしもべとして、神のみこころに従われます。

ろばに乗られたイエスの姿には、この方のどんな面が現れていますか。自分を誇らず、柔和な心であなたが行うべき主のみこころは何でしょうか。


歓呼する群衆
21:6〜11
過越の祭りの時期になると、エルサレムは各所から来た人々で賑わいました。イエスがろばに乗ってエルサレムに入られたのは、過越の祭りを数日前にした時でした。ろばに乗ったイエスが通られる道に、群衆が上着や木の枝を敷き、みなが大声で「ホサナ」と叫びます。ホサナは「助けてください」「救ってください」という意味です。これは、イエスが神に遣わされたメシアであることを宣言するものです。しかし実際には、ホサナと叫ぶ群衆は、イエスを通して成就される神の救いのご計画を知りませんでした。神のご計画は、ローマの圧制からユダヤ人を救うことではなく、人類を罪とサタンの力から解放するために、ご自分の御子を十字架につけることでした。

「ホサナ」と歓呼する群衆がイエスに期待した救いは何ですか。神のご計画と方法が、あなたの計画と違うと感じたことがありますか。
pray
今日の祈り
今は受け入れがたく、期待を外れるようなみことばでも、信仰をもって受け入れ、従うことができますように。神のことばを成就するために、ろばの子に乗って十字架の道を黙々と進まれた謙遜な王イエス様を、私の人生のどの瞬間でも覚えて歩むことができますように。
essay
Mailing service : SWIM | Tel : 02-796-3217 | Email : swim@swim.org | Update : Ryu Young Soon, Lee Won Suk
자료제공 : Duranno Press | Tel : 02-2078-3200 | Email : qtlife@duranno.com
All Rights Reserved (c)DURANNO | "일본어 생명의삶 텍스트 콘텐츠 저작권은 두란노서원에 있습니다."