| Share board | Subscription |

みことばに従う者に与えられる勝利と誉れと富 View video

Summary
きょうのみことばの要約

主の道を歩むなら、主は敵をイスラエルの前で敗走させ、穀物と彼らのすべてのわざを祝福し、彼らをご自分の聖なる民として立ててくださいます。主のことばから左か右に外れなければ、子孫と家畜と大地の実りに豊かな恵みがあります。多くの国々に貸すようになり、かしらとなって尾とはされません。


申命記 28:7 - 28:14
従順によって勝利する民
7 主は、あなたに立ち向かって来る敵を、あなたの前で敗走させる。彼らは、一つの道からあなたを攻撃し、あなたの前から七つの道に逃げ去ろう。
8 主は、あなたのために、あなたの穀物倉とあなたのすべての手のわざを祝福してくださることを定めておられる。あなたの神、主があなたに与えようとしておられる地で、あなたを祝福される。
9 あなたが、あなたの神、主の命令を守り、主の道を歩むなら、主はあなたに誓われたとおり、あなたを、ご自身の聖なる民として立ててくださる。
10 地上のすべての国々の民は、あなたに主の名がつけられているのを見て、あなたを恐れよう。

従順によって豊かになる民
11 主が、あなたに与えるとあなたの先祖たちに誓われたその地で、主は、あなたの身から生まれる者や家畜の産むものや地の産物を、豊かに恵んでくださる。
12 主は、その恵みの倉、天を開き、時にかなって雨をあなたの地に与え、あなたのすべての手のわざを祝福される。それであなたは多くの国々に貸すであろうが、借りることはない。
13 私が、きょう、あなたに命じるあなたの神、主の命令にあなたが聞き従い、守り行なうなら、主はあなたをかしらとならせ、尾とはならせない。ただ上におらせ、下へは下されない。
14 あなたは、私が、きょう、あなたがたに命じるこのすべてのことばを離れて右や左にそれ、ほかの神々に従い、それに仕えてはならない。
Comment
従順によって勝利する民
(28:7〜10)

みことばへの従順は、勝利の人生を約束してくれます。イスラエルが神を恐れ、神のことばに従うなら、すべての戦いで勝利することができます。敵が隊列を整えてイスラエルを「一つの道」から攻めて来ても、万軍の神が彼らを討ち破られるなら「七つの道」に散って逃げ去ります。契約の民の強さは、人間的な力や軍事力から生じるのではなく、神が命じられた道を歩む「従順」によって生じます。敵と戦っても勝利し、平和の中で繁栄します。みことばに従う者は、穀物倉とすべての手のわざに神の祝福があふれます。神が聖なる民として立ててくださるので、地上のあらゆる民がイスラエルを恐れるようになります。神のことばに従い、御手に捕らえられた民は、必ず勝利と繁栄を味わうのです。

地上のあらゆる民がイスラエルを見て恐れる理由は何ですか。勝利する人生のために、あなたはどんな部分を祈って力を注ぐべきでしょうか。


従順によって豊かになる民
(28:11〜14)

神が約束された祝福を現実のものにできるどうかは、今日従うかどうかにかかっています。イスラエルの民がみことばに従うなら、すべての領域に神の祝福が臨んで、乳と蜜の流れる地における主の約束が現実のものとなります。彼らは祝福されて人口が増え、家畜が増えます。神が天の倉を開いて祝福を注いでくださいます。カナンの地で最も尊いものは、時にかなって降る初めの雨と後の雨です。これによってイスラエルは豊かな収穫を得、ほかの国々の民に貸す民となります。神のことばに従うなら、尾とはならず、かしらとなって世を導く民となります。みことばを目印として揺るぐことなく歩んでいくなら、約束されたすべての祝福が私たちの人生に臨むでしょう。

神が約束された祝福を味わう秘訣は何ですか。あなたは、国々に良い影響力を及ぼす神の人としてどのように歩むべきでしょうか。
pray
きょうの祈り

神様に祝福されることを願いながらも、みことばに従うことには鈍感であった私の姿を悔い改めます。日々、みことばに聞き従い、揺るぐことなくいのちの道を歩めますように。私と教会を導かれる神の勝利と力を世の人々が見て悟り、神様を恐れるようになりますように。
essay
Mailing service : SWIM | Tel : 02-796-3217 | Email : swim@swim.org | Update : Ryu Young Soon, Lee Won Suk
자료제공 : Duranno Press | Tel : 02-2078-3200 | Email : qtlife@duranno.com
All Rights Reserved (c)DURANNO | "일본어 생명의삶 텍스트 콘텐츠 저작권은 두란노서원에 있습니다."